海外事例:ポルトLRTの事業概要
ポルトガル:ポルト(人口約25 万人 路線長70km)
● 既存の路面電車を近代化してLRT化
● 市中心部の7km の区間は地下に導入
● 空港や国鉄駅への直結による高い結節性
● 駅に直結したP&R駐車場
● 優れたデザインの低床車両・施設
● 景観にマッチした施設
● 専用軌道区間の一部を緑化
● まちのシンボルとしても機能
 
地下空間の活用

道路と立体的に交差
 

交差部に駅を設置
高い結節性

空港や国鉄駅に直結
低床車両の導入

歩道を盛り上げるのではなく、軌道を掘り下げることで段差を解消
観光資源

現役で活躍する既存の路面電車市民の足とともに観光資源としても機能
路線の移設

道路を廃止し、軌道と歩行者空間に転換したドン・ルイス1世橋
▲ページ上部へ
お問い合わせ