日本交通計画協会title2.gif
  ホーム | お問い合わせ |

mb.gif
 >> トピックス
mb.gif
 >> 協会概要
mb.gif
 >> 運営情報
mb.gif
 >> 研究部会
mb.gif
 >> 自主研究
mb.gif
 >> 海外調査
mb.gif
 >> 受託調査
mb.gif
 >> 広報誌
mb.gif
 >> 刊行図書
mb.gif
 >> 講習会等
mb.gif
 >> リンク
mb.gif
ご要望・ご相談は
mail@jtpa.or.jp
| 開催案内 | 実施報告目次 |
セミナー実施報告
MaaS 時 代 の 路 面 公 共 交 通

〈講 演 者〉
・名古屋大学大学院 環境学研究科 教授 加藤博和 氏
・国土交通省担当官
〈開催日時〉
2019年8月30日(金)15:00〜17:15
〈会  場〉
ホテル ルポール麹町
〈主な内容〉 MaaSが一般化しても、路面公共交通がその社会的優位性を確保しつつ、公共交通網の中で幹線として機能し、他のモードと結節できるかどうか、そのために必要となる改善の取り組みについて、また今後の路面公共交通の方向性についてお話しいただきました。
〈講習会風景〉
街 路 空 間 の 設 計 と 展 開

〈講 演 者〉
・東京大学大学院 工学系研究科 教授 羽藤英二 氏
・国土交通省担当官
〈開催日時〉
2018年9月14日(金) 15:00〜17:15
〈会  場〉
都市センターホテル
〈主な内容〉 「コンパクト+ネットワーク」の実現に向けた検討が進められ、地域にとって最適な交通ネットワーク及び交通サービスの実現についての議論が展開しているなか、高齢化や中心市街地の空洞化、MaaSや自動運転の開拓などの変化を捉えつつ、都市のあり方の歴史の中で、今後の地域鉄道をめぐる議論を整理したうえで、路面電車の街路設計や新たなまちづくりの潮流についてお話いただきました。
〈講習会風景〉
社団法人 日本交通計画協会 Copyright (C) 2003 Japan Transportation Planning Association. All Rights Reserved.