本文の開始

トップページ > 主な活動

駅・周辺地区まちづくり研究部会の主な活動

研究体制

 駅・周辺地区まちづくり研究部会は、学識経験者(部会長、副部会長)、建設コンサルタント等から構成され、連続立体交差事業や交通結節点整備を中心とした駅・周辺まちづくりに関する調査研究、情報発信を行っています。

 

活動内容

  • 駅を中心としたまちづくりに関する研究、情報発信
  • 連続立体交差事業、駅前広場、自由通路の事業推進等に関する研究、情報発信
  • 連続立体交差事業実務担当者講習会の開催

 

駅・周辺地区まちづくり研究部会
調査報告書等

連続立体交差事業
実務担当者講習会

高岡駅・新高岡駅視察勉強会
2015.7

姫路駅周辺整備事業視察勉強会 2016.6

ヒアリング

キャッスルガーデン(サンクン)

展望デッキ

立体都市計画とした12街区ビル